彼といちゃいちゃしたい! 距離を縮めて恋愛感情を盛り上げる方法は?

彼といちゃいちゃしたい! 距離を縮めて恋愛感情を盛り上げる方法は?

お互いにまだ気になる関係で、付き合っていない。

でも、彼とのスキンシップを増やしたい!

今回は、そんなあなたの願いを叶える方法をお伝えします。

 

■自然なボディタッチをしてみよう

 

“スキンシップ”というと、手をつないだり、腕を組んだり、ラブラブなイメージがありますね。

でも、まだ付き合っていない段階でそれをするのはハードルが高い…。

 

では、付き合っていない状態でも自然にできるボディタッチとはどんなものでしょう?

 

それは、“肘から上の部分”へのボディタッチです。

 

肩や二の腕、肘のあたりなどに手を置いたり、ポンっと軽く叩いてみたり、ツンツンしてみたり。

これは好意の現れですが、友人としての好意としても捉えられるので、比較的、気軽に触れることができます。

 

逆に、肘から下、腕や手首、手のひらや指先は、親しくならないとなかなか触れられない部分です。

 

彼との親密度に合わせて、触れる部分を下げていくようなイメージを持つと良いかもしれません。

 

そして、あくまでもボディタッチをするのは、気になる彼だけにしましょう。

誰にでもボディタッチをしていると、彼に「あの子は、誰にでもそういうことをする子なんだな」と思われて、特別感がなくなってしまいますよ。

 

 

■彼の正面に立たず、横に並ぶ

 

グループで一緒にいるときなど、彼の顔が見たいので正面に行きたくなるかもしれませんが、親密度をアップさせたいのであれば、横に並ぶのがおすすめです。

 

正面は「礼の位置」と呼ばれ、緊張感のある立ち位置になります。

顔はよく見えますが、男性にしてみれば「正面に立つ=戦いの位置」と本能的に捉えられてしまうので、あまり親密度は高くなりません。

 

横に並ぶのは「情の位置」と呼ばれ、親密度を上げる立ち位置になります。

飲食店などにカップルシートがありますが、それらはすべて「横並びの席」です。

 

人は、自分の横にいる人に情が湧き、親近感を抱きやすいのです。

 

それに、横にいればさりげないボディタッチができますね。

ですから、気になる彼のそばにいるときは、なるべく横の位置をキープすることをおすすめします。

 

顔を見て話す必要がある場合でも、真正面には立たずに少し斜めにずれて立つと、あなたの「情」が効果的に伝わりますよ。

 

 

■彼に「触ってもいい?」と聞く

 

彼に触れたいなと思ったとき、何も言わずにスキンシップをはじめてしまうと、驚かれてしまいます。

 

例えば、彼の体調が悪そうなとき。

おでこに手を当てて熱をはかってあげたいなと思っても、いきなりそれをすると彼のパーソナルスペースに急に侵入してしまうことにもなり、嫌がられてしまうかもしれません。

 

ですから、そういうときは

「体調悪いの? おでこに触ってもいい?」

と、彼に聞いてから触れるようにしましょう。

 

そんなふうに聞かれたら、彼は嫌とはあまり言いませんし、自分を気にかけてくれているんだと感じて嬉しくなります。

 

この「触っていい?」と聞くのは、いろんなシーンに使えます。

 

「手、大きいよね、触っていい?」

「腕の筋肉すごい、触っていい?」

などなど。

 

さりげなくボディタッチするのもアリですが、堂々と聞いてみるのも自然で良い方法だと思います。

 

寒くなってきたこの時期、好きな人とのスキンシップを増やして、あったかい気持ちで過ごしたいですね。

連載 20代女子のための彼氏のつくり方

関連する投稿

恋活サプリBOOKs(電子書籍)

ライタープロフィール

吉村 みか

吉村みか

よしむら みか

一般社団法人家族大学 学長。
実家は教会、父親は牧師という環境に育ち、結婚する多くのカップルが「婚前教育」を受けた上で幸せな結婚生活のスタートをきる現場に立ち会ってきた。その経験を生かし、婚活世代の女性に向けた「女学(じょがく)」セミナーを開催。
また、『クラブチャティオ』では「婚活ジェンヌ」の愛称で親しまれている。著書に『MY GIFT かっこいい大人になる!』(丸善出版)。

恋活サプリ新着記事一覧

  • マッチングシミュレーションを体験

  • 婚活デビューに向けて自分を知る

  • ここで、いい恋愛結婚を。
    イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」

人気の恋活サプリコラム

恋活サプリの処方箋 一覧

恋活サプリライター一覧